話題な病気コレは何?健康に気をつけよう  >  情報  >  天山 網膜はく離で緊急手術。ドーム大会欠場

天山 網膜はく離で緊急手術。ドーム大会欠場


スポンサードリンク



新日本プロレスの天山のニュース。
プロレスやボクシング、格闘技ではよく聞く、
網膜はく離。

網膜はく離は初期の治療、手術が大事である。
格闘技という世界においては、
この状態でまた衝撃を受ける可能性大。
失明まで行ってしまう可能性もある。


実際に、天山も医師から、
このままだと取り返しのつかないことになる、
と言われた。


天山のこれまでの経緯は以下。


天山は昨年12月29日に右目に異常を感じ、
病院へ駆け込んだところ網膜はく離と診断された。


天山自身はドーム大会出場に強い意欲を見せたものの、
「この状態で衝撃を受ければ取り返しのつかないことになる」
と医師から説得され、30日に入院。
31日には手術を受けた。
手術は無事成功し、
現在もレーザー治療などで右目の回復を図っているという。


天山のコメントに無念さがにじみ出ている。


「今回は突然の網膜はく離により
ドクターストップがかかってしまいました。
こんな大事な時に、なぜなんだと自分自身を恨みました。
幸い手術の方は無事に終わりました。

復帰時期は未定ですが、
一日も早く万全な体調でリングに戻りたいと思います。
ドームでの3WAY戦を楽しみにしていたファンのみなさま、
関係各位のみなさま、そして何よりもパートナーの小島選手には
本当にご迷惑をおかけいたします。謹んでお詫び申し上げます」


天山の試合を見たい人も多くいるとは思うが、
これからの天山のためにこの欠場があった、ということで。


次回は、網膜はく離の心配もない、
万全な試合を見せてほしいと思う。



スポンサードリンク



情報

話題になっている病気は何?


疾病詳細

話題の病気詳細