話題な病気コレは何?健康に気をつけよう  >  疾病詳細  >  脱腸・そけいヘルニア

脱腸・そけいヘルニア


スポンサードリンク



鼠径ヘルニアとは鼠径部(お腹から太腿の付け根の部)に
「ヘルニア」が発生することです。
脱腸とも呼ばれており、
脱腸の方が耳馴染みの言葉かもしれません。

鼠径部は、お腹の壁(腹壁)が大腿部へ移行していく部位で、
筋膜構造の弱い部分が構造的に存在します。


そのため、鼠径部の弱いところから、
お腹の中の臓器が、お腹の膜をかぶって
出てくることになります。


ヘルニアが大きくなれば、
腸管が出たり入ったりするようになります。
そのために「脱腸」とも呼ばれていました。


鼠径部ヘルニアの特徴的な症状は
お腹(鼠径部)への違和感となります。


立ち上がった時、お腹に力を入れた時に腫れや違和感を感じます。
指で押さえると引っ込むほどのものですが、
次第に不快感から痛みになり、
腫れが硬くなったり引っ込まなくなったりします。


ヘルニアは自然治癒することはありませんので、
基本的には手術以外に治療方法はなく、
鼠径ヘルニアの治療も手術をするしかありません。


鼠径ヘルニアの手術では、断裂している筋層を縫って塞ぐか、
人工補強材を用いて断裂している穴を塞ぐ
という方法が取られています。


鼠径ヘルニアの手術は、昔から行われているもので、
特に大変な手術ではなく、
日帰り・短期入院で実施することが可能です。


手術後に注意しなくてはいけないことは、麻酔のため、
下半身の運動が麻痺してしまうことによる転倒、
排尿神経の麻痺による尿閉(尿がでなくなること)です。


鼠径ヘルニアの原因は先天的なものもありますが、
後天的なものとして、加齢による腹膜・筋肉の衰えにより、
内臓の重みに耐えかねて腸が出てきてしまうことがあります。


また、腹圧が大きい人(気張ることが多い人)も、
鼠径ヘルニアになりやすいといえます。
便秘症、妊娠・出産、喘息気味の人などです。


成人の鼠径ヘルニアは、鼠径部の構造の弱みを
突いて出てくるといえます。


加齢ということでは、40歳代、50歳代以降から発生頻度が多くなり、
また、男性のほうが鼠径部に構造的な弱点を持っているので、
成人鼠径ヘルニアの大部分(90%以上)は男性となっています。



スポンサードリンク



情報

話題になっている病気は何?


疾病詳細

話題の病気詳細