話題な病気コレは何?健康に気をつけよう  >  疾病詳細  >  網膜はく離

網膜はく離


スポンサードリンク



網膜はカメラでいうフィルムの役割を担っている部分。
眼の奥にある厚さ約0.1~O.4ミリの薄い膜。

ものを見るとき、光は角膜を通って瞳孔から眼球内に入り、
水晶体で屈折されたあと、硝子体を通り、網膜に到達します。
このとき網膜で感じとられた光の刺激が
視神経を通って脳に伝えられ、
「見える」と認識されているのです。


硝子体は細かい線維でできたゲル状の透明な物質で、
眼球の中に満たされています。
光を通したり、眼の形を保つのに一役買っています。


網膜は、網膜色素上皮細胞と神経網膜からなりますが、
この接着は弱いので、何らかの原因で神経網膜が
網膜色素上皮細胞からはがれて、
硝子体の中に浮き上がってしまうことがあります。
これが網膜はく離です。


硝子体と網膜が強く接着(癒着)している部分があると、
目を動かしたときなどに、網膜が引っ張られ、
裂け目ができてしまいます。


その裂け目に液体になった硝子体が入り込むと、
網膜ははがれてしまいます。
これが、裂孔原性網膜はく離です。


スポーツや格闘技などで多く起こるのが、
強い力が目に加わって網膜が剥離してしまうのは、
外傷性網膜剥離と呼ばれています。
これも、裂孔原性網膜はく離のひとつです。


網膜はく離は治療せずに放置した場合、
失明する可能性の高い病気です。


剥がれた網膜は光の刺激を脳に伝えることができません。
剥がれた網膜には栄養が十分ゆきわたらなくなるため、
網膜剥離の状態が長く続くと徐々に網膜の機能が低下してしまいます。
そうなると、たとえ手術によって網膜が元の位置に戻せたとしても、
見え方の回復が悪いといった後遺症を残すことがあります。


網膜はく離の初期の段階で、
網膜に裂孔ができていてもはく離が起こっていない場合であれば、
網膜の裂け目の周りの部分をレーザー治療で照射して、
網膜はく離への進行を予防することができます。


進行して網膜が剥離してしまった状態になると、
網膜の裂け目をふさいでから、
網膜の下に入り込んだ液体成分を取り除き、
はく離した網膜を元の位置に復元する手術が必要です。


スポンサードリンク



情報

話題になっている病気は何?


疾病詳細

話題の病気詳細